【キャンプ初心者でも簡単】焚き火の火起こし方法3種類!オススメの着火道具を紹介

着火方法アイキャッチ
  • 火をつけてもすぐに消えて困ってる!
  • 火が全然つかなくて時間を無駄にしちゃった
  • 失敗しない焚き火の火起こし方法が知りたい!

キャンプ初心者が焚き火に挑戦するとき、最初に立ちはだかる難関が「火起こし」。ただ火をつけるだけと思っていると、失敗を繰り返し貴重なキャンプの時間を無駄にしてしまいます。

かずやん

私も初心者の頃、ファイヤースターターを使って1時間も悪戦苦闘した記憶があります。

この記事を書いた人
  • キャンプ歴3年、30代後半の2児の父。
  • キャンプ好きの友人に誘われキャンプの虜に
  • コロナでメンタルをやられ毎週焚き火を眺めて復帰
  • もっと焚き火ファンを増やすべく焚き火ブログを執筆中
筆者
かずやん

本記事はそんなキャンプ初心者の方のために、焚き火の火起こし方法3種類と失敗しないポイントについて紹介します。

結論からお伝えすると、初めて焚き火をする場合は「着火材とライターを使って火起こししましょう。」

燃料を混ぜ込んだ着火剤は途中で鎮火しにくく、初心者の方でもポイントを押さえれば失敗しません。はじめのうちは難しく失敗しやすい方法を避け、確実に火起こしを成功させましょう。

  • 「火起こしがうまくできるか不安…」
  • 「失敗せずに焚き火を楽しみたい。」

このような方は本記事を、ぜひ最後までお読みください。

目次

焚き火の火起こしはコツを押さえれば失敗しない

焚き火はキャンプの醍醐味のひとつ。焚き火目当てでキャンプ場へ訪れる人も多く、キャンプならではの楽しみとして人気です。

しかし焚き火は初心者にとって難しく、最初の火起こしからつまづいてしまう方も少なくありません。中には火起こしが上手くいかず、せっかくのキャンプで焚き火無しとなった方もいます。

かずやん

私も焚き火がうまく作れなかった経験がありました。

焚き火の火起こしで失敗しないためには、事前準備が大切。

慣れない道具にとまどうかもしれませんが、知識とポイントを押さえれば失敗することなく焚き火を作れるようになるでしょう。

定番の焚き火の火起こし方法は3種類

よくある焚き火の火起こし方法は、以下の3種類です。

  • 着火剤+ライター
  • ファイヤースターター
  • ガスバーナー

それぞれ特徴と火起こしの手順を紹介します。

着火剤+ライター

文化たきつけ1ブロック

着火剤とライターを使った火起こしは、簡単で失敗しにくい方法です。着火剤には燃料が混ぜ込んであり、一度火がついたら燃え続ける特徴があります。

着火剤には固形とジェル状の2タイプがあり、焚き火初心者の方には固形タイプがオススメ。手についたり服についたりすることなく、安全に取り扱うことが可能です。

着火剤とライターはどちらも100均で購入できます。しかし100均の固形着火剤はイマイチ火の回りが良くなかったため、メーカー製の着火剤を使うことをオススメします。

ライターは100均のもので十分。メーカー製のいいアイテムにこだわりたい方は、100均ライターのガスが切れたタイミングで買い替えましょう。

▶ キャンプ初心者向け焚き火道具セット11選

着火剤とライターの火起こし手順は以下の通りです。

  • 焚き火台に薪を組んで準備
  • ライターで着火剤に火をつける
  • 焚き火が大きくなるまで見守る

焚き火台の上に薪を組み、焚き付けと着火剤をセットします。

ライターで着火剤に直接火をつけてください。着火剤には燃料が入っているため、すぐに火が回ります。作業時は革手袋や軍手を着用し、火傷しないように気をつけてください。

着火剤に火がついたら、薪に火が回って安定するまで見守ります。

ファイヤースターター

ファイヤースターターでの着火

ファイヤースターターを使った火起こしは、火種から少しずつ焚き火を育てられると話題の着火方法。マグネシウムなどの金属棒と、金属板をこすり合わせて火花を散らせて着火します。

上手く火を大きくするにはコツが必要で、火花を大きくするには着火剤よりも細かな手順を踏む必要があります。

  • 火花を受け止める「火口」を作る
  • 薪を細く割って燃えやすくする
  • 薪を少しずつくべて火を大きくする

燃料の混ざった着火剤と違い、火種が非常に繊細。ちょっとしたミスで火が消えてしまうこともあるでしょう。

着火剤の火起こしに慣れてきたら、レベルアップで挑戦してみることをオススメします。

オススメのファイヤースターター

ファイヤースターターの火起こし手順は以下の通りです。

  • 焚き火台に薪を組んで準備
  • 火花を受け止める「火口」を作る
  • 薪を細く割って燃えやすくする
  • 薪を削りフェザースティックを作る
  • ファイヤースターターから火口に火花を移す
  • 薪を少しずつくべて火を大きくする
  • 太い薪に火が回るまで見守る

焚き火台に薪をセットし、火花から火を大きくするための素材を作ります。

焚き火台のうえで火口に火花を落とし、火をつけてください。火口は燃え尽きやすいため、着火したらすぐに他の素材へ火を移します。

火が大きくなってきたら、薪に火が回って安定するまで見守ります。

ガスバーナー

ガスバーナーを使った火起こしは、一番手軽で確実に焚き火を作れる方法。薪に火がつくまでバーナーで炙り続けるだけなので、絶対に失敗しません。

ただしガス缶とガスバーナーを用意しておく必要があるので、少しお金がかかります。他の着火手段を試してみて、どうしても上手くいかない場合にガスバーナーを使うといいでしょう。

ポイントは細い薪を狙って炙ること。

太くて大きい薪にいきなり火をつけようとすると、ガスバーナーでもかなりの時間と労力がかかります。細い薪を狙って着火し、太い薪は焚き火の熱で温めるようにしてください。

オススメのガスバーナー

オススメのガスバーナー
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

ガスバーナーの火起こし手順は以下の通りです。

  • 焚き火台に薪を組んで準備
  • ガスバーナーで細い薪を狙って火をつける
  • 焚き火が大きくなるまで見守る

焚き火台の上に薪を組み、焚き付けをセットします。

ガスバーナーで焚き付けや細い薪を炙り、火をつけてください。ガスバーナーの火は1000℃を超える高温。作業時は革手袋や軍手を着用し、火傷しないように気をつけてください。

焚き付けや細い薪に火がついたら、太い薪に火が回って安定するまで見守ります。

キャンプ初心者にオススメの火起こし方法は着火剤

文化たきつけに火をつけた状態

キャンプ初心者の方にオススメの火起こしは、着火剤とライターを使った方法です。

着火剤を置きライターで火をつけるだけなので手軽なうえ、100均でも買えるため買い揃えやすいのがメリット。

最初に着火剤を使って確実に焚き火を作れるようになり、慣れてきたら他の手法でも挑戦してみましょう。

かずやん

まずは確実に火起こしを成功させて、焚き火を楽しむことが大事!

焚き火の火起こしで失敗しやすいポイント3つ

焚き火の火起こしで失敗しやすいポイントを3つ紹介します。火起こしでうまくいかない場合には、まず以下の3点を見直してください。

  • 薪が湿っている
  • 薪の組み方がよくない
  • 焚き付けの量が少ない

薪が湿っている

火起こししても火力が上がらず鎮火してしまう場合は、薪が湿っていないか確認してください。

薪が湿っていると水分の蒸発に熱エネルギーを奪われ、火が大きくなる前に鎮火してしまいます。火起こし時はできるだけ乾燥した薪を使用し、火種を効率的に育てていきましょう。

キャンプ場では薪を地面から離して保管すると、地面の水分を吸い取ってしまうことを防げます。

薪の組み方がよくない

差し掛け型の組み方

焚き火は火起こしする前に、薪を組んでおくことが大切。焚き火台の上に薪をセットし、効率的に火が回るような準備をしておきましょう。

薪の組み方は、以下のポイントに気をつけてください。

  • 空気の通り道を確保する
  • 熱を溜め込めるように配置する
  • 細い薪を多めに入れる

焚き火を大きくするためには「燃焼の3要素」を意識することが大切。熱源・酸素・可燃物の3つをバランスよく整えることで、効率的に火を大きくできます。

焚き火の薪の組み方は、以下の記事で詳しく説明しています。興味のある方はぜひお読みください。

▶ 焚き火台の上に作る薪の組み方5選

焚き付けの量が少ない

火起こしの成功・失敗は、焚き付けの量によっても左右されます。

焚き付けとは火を起こすために使用する、細い薪や松ぼっくりなどの燃えやすい素材のこと。火がつきやすく、焚き火を育てるのに役立ちます。

火起こしの際は焚き付けを多めに使い、可燃物不足で鎮火しないよう気をつけましょう。焚き付けが不足すると、火がすぐに消えて失敗してしまいます。

火起こしはコツを押さえて攻略しよう

本記事では焚き火を作るときに欠かせない、火起こしの方法について紹介しました。

  • 定番の火起こし方法は着火剤・ファイヤースターター・ガスバーナーの3種類
  • キャンプ初心者の方は失敗しにくい着火剤がオススメ
  • 火起こしに失敗してしまう場合は「燃焼の3要素」を再確認

焚き火はまず、火起こしが成功しないと始まりません。火が大きくなる自然の原理も理解したうえで、確実に火起こしを成功させましょう。

慣れないうちは着火剤を上手く使って火起こしし、焚き火を楽しんでください。


当サイト「たきっぽ!」ではキャンプ初心者の方に向けて、「焚き火の一歩目のチャレンジ」を応援しています。焚き火の詳しい手順やよくある質問については、以下のページで紹介しています。興味のある方はぜひお読みください。

▶ キャンプ初心者向け『初めての焚き火のやり方』完全ガイド

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次